ホーム工務店紹介吉野銘木製造販売

木のチカラが、人を、 しあわせにすると信じている

吉野銘木製造販売

ここから本文です。

私たちだからこそできる吉野桧の家づくり

育林事業から木材の製材、社寺用材・一般住宅用材・特殊材の製造販売、木造住宅の設計・施工まで行う「木」の会社です。
木に関する事業を自社で行う強みを活かし、余計な流通経路を無くすことで良いものをより安くご提供できるように努めています。
吉野銘木の家は、柱・土台などの大切な構造材には、高耐久の吉野桧の4寸角(120㎝)を使用し耐震等級3の強い構造が家族の安全を守ります。断熱材は水で発泡する現場吹付の「アクアフォーム」で屋根・壁をすっぽりと覆う高耐久・高気密・高断熱の仕様となっています。また、吉野桧で建てる家には、他にはない魅力があります。吉野桧にはリラックス効果や抗菌作用繁殖抑制効果があることが知られており、内装材に使用することにより、健康で木の経年変化を楽しみながら日を追うごとに家族にとっての価値が高まる家づくりを目指しています。


柱・土台には白アリに強い高耐久の吉野桧を使用。

高気密・高断熱の現場発泡断熱材「アクアフォーム」

ご自身でキッチンカウンターなどを選んで頂けます。

自然素材のショールーム「住まいのお部屋館」

住む前に、木に触れておきませんか?吉野銘木製造販売では、木をつくる会社ならではの無垢な空間をご見学いただけます。一般的な合板を用いた建材のショールームは、全国各地に数多くありますが、これから素材に無垢の桧や杉を用いたいと考える方々のためのショールームは希少。自然素材を用いた新築をお考えのお施主さまはもちろん、設計事務所や建築家の方々まで、多くの方にご来場・ご好評をいただいています。

「人」と「山」をつなぐ、みんなが笑顔になれる、
吉野銘木のイベント

当社では、年間を通して「人」と「山」、そして「地域」をつなぐイベントを行っています。家づくりをお考えのお客さまはもちろん、「木」について知りたい、吉野の自然に触れて楽しく過ごしたいというご家族連れで、毎回にぎわっています。

木と心とからだの癒し イベント「大木の森」(年2回、春と秋に開催)

「気軽に“木”に親しんでいただく」ことを目的に、自然素材にこだわる工芸作家さんなどが、木の香りいっぱいの自然素材のショールーム「住まいのお部屋館」内外にて物品販売やさまざまな参加型体験会などを行う、当社主催のイベントです。自然素材の食べ物のブースもあり家族みんなが楽しめるイベントです。また、弊社で製材された大木の端材を“もったいない材”として、プレゼントしております。
来場者がそれぞれの楽しみ方で「木」と触れ合うことができる、盛りだくさんな2日間です。

構造・完成見学会

お施主様のご厚意により、構造見学会や完成見学会を随時開催しております。
情報収集やショールームを見るだけでなく、吉野銘木の家が実際にどんな家づくりをしているかを見学会で知ってください。構造見学会では、工事途中の現場が見学できるので、重要な基礎や壁の内部にある柱など、建物が完成してからでは見ることの出来ない部分をじっくりと間近で見学することができます。
完成見学会では、お引渡し前の実際に住まわれる建物から得られる家づくりのヒントがたくさんあります。そこに居るだけで身も心も休まる、まるで森林浴でもしているかのような心地よさを、ぜひご家族で体験ご実感ください。
また、相談スペースも設けていますので、設計相談やリフォーム、資金計画等についてお気軽にご相談いただけます。

本社倉庫・工場見学

ストックヤードでは、普段では見れない大きな吉野桧の原木や、出荷前の社寺建築用材。展示倉庫では天井板や銘木が多数ご覧いただけます。
また、製材工場では、木のこと製品の成り立ちから特徴などをご紹介しながら大径木の製材風景をご見学いただけます。
通常の木材会社や製材会社では見ることのできない貴重なたいけんになるでしょう。

会社概要

貝本拓路

「吉野銘木の家」は、長期優良住宅であることはもちろん、省エネ・各種補助金・税制優遇・贈与税対策など、時代に応じたお客様へのメリットを最大限活かした住宅づくりを目ざしております。

会社名:吉野銘木製造販売株式会社

所在地:〒638-0045 奈良県吉野郡下市町新住991-1

設立:1965年

電話番号:0747-53-0571

主力工法:木造軸組工法

施工エリア:奈良県全域、大阪府・京都府・三重県の一部地域

備考
二級建築士事務所/奈良県知事登録第2013(ロ)22661号
一般建設業 奈良県知事許可(般-28)第7794号
宅地建物取引業 奈良県知事許可(3)第3758号

アクセス

工務店一覧へ

Copyright © 奈良住宅総合館 All Rights Reserved.

このページの先頭へ